彫刻屋 近正(ちょうこくや こんしょう)は、夫婦で営む小さな工房です。

近正は、木彫彩色による作品を制作しています。
材はクスを中心にサクラ・カツラ・ヒノキなどを使い、一点一点手彫りで仕上げています。
自分の実感を大切に拾いあげること、ご注文頂いた方の想いに寄り添うこと
を両輪に生活空間に飾れる彫刻を提案しています。

近正 匡治

こんしょう まさはる

1975年生まれる
2003 東京芸術大学彫刻科修了
2004 結婚、埼玉県飯能市にアトリエを構える
2008 彫刻屋 近正として夫婦で作品の販売、注文制作を始める
現在、自由の森学園に美術非常勤講師として勤務しながら作家活動を続けている

Profile Picture

近正 千広

こんしょう ちひろ

1977年生まれ
2004 東京芸術大学彫刻科修了
2005 絵カレンダー「コノミノコヨミ」シリーズをつくり始める
2006 長男 出産
2009 次男 出産
現在、カレンダー作家としてロゴ・グッズデザインなども手がける

Profile Picture

  【 展覧会など 】
2005年~
近正の活動は飯能の町での公開制作「彫刻ライブ」から始まり、千広とともに参加した 日本と韓国の若手アーティストグループ「r」による日韓両国での展覧会の企画開催に関わり、2006年文化庁日韓交流年記念事業に認定される。

2016年
第23回公募展木彫フォークアートおおや実行委員会特別賞受賞       

2009~2019年
夫婦展「近正笑展」を毎年開催(高円寺ギャラリー 工、飯能美杉台ギャラリー)

2012~2018年
近正匡治個展を毎年開催(根津汐花)

2018年
日本橋 小津和紙にて「一緒に暮らしたい彫刻たち展」を開催

他にも野外イベントから百貨店催事、ワークショップにも多数参加